NEW
山本一郎

山本一郎「尖閣諸島問題について深く理解するためのリンク集」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは? – ニューズウィーク日本版(9月18日)

 NEWSWEEKの冷泉さんの記事。そもそも尖閣諸島の領土問題は外務省が書いている通り、アメリカからの沖縄返還にもひとつの原因を見ることができるんですが、当のアメリカは現在同国なりの事情で経済問題、対アラブ問題で右往左往しているところで、まさに過積載と多方面への配慮の延長線上で中国反日デモ・暴動は取り上げづらいというのは誠にもっともな話です。

中国の核情報漏洩は意図的? – wedge infinity(9月19日)

 最後に、再びWedgeで岡崎久彦研究所が指摘している中国の軍備に関する情報戦についての記事を。中国の核戦略を語る上で、アジア圏の覇権を目指すリージョナルパワーとなろうとする中国の軍事志向はアメリカの国益と真正面から衝突するけれど、その内容の真偽を確かめるにはリークではなく米中戦略対話を重ねていくべきであるという、実に奥の深い議論になっております。戦争になるかもしれない仮想敵と、その意図を確認するために対話を深めようというアメリカ人知識人による、あまり日本ではお目にかかれない内容です。是非ご一読を。
(文=山本一郎)

●山本一郎(やまもと・いちろう)
2000年、IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作を行うイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を設立。ベンチャービジネスの設立や技術系企業の財務・資金調達など技術動向と金融市場に精通。2007年より、総予算100億円超のプロジェクトでの資金調達や法人向け増資対応を専門とするホワイトヒルズLLCを設立、外資系ファンドの対日投資アドバイザーなどを兼務。

『尖閣諸島売ります』 あの、話ややこしくなるんで……。 amazon_associate_logo.jpg

山本一郎「尖閣諸島問題について深く理解するためのリンク集」のページです。ビジネスジャーナルは、キュレーション、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事