NEW
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」(10月4日)

古舘、嫌いなキャスター1位でも『報道ステ』高視聴率のワケ

【この記事のキーワード】

 実は昨年、古館氏が夏休みを取った週の番組は、古館氏が出演していた週より視聴率が高かったという珍現象が見られたそうです。そして復帰すると、また元通りの数字となったと。つまり、もはや古館氏は不要だと言われているようなものです。

 現在の平均高視聴率は、「同じ時間帯に他に見る番組がないので、報道ステーションを見てしまう自分が情けない」というアンケート結果もあるように強力な裏番組が存在しないという他局の番組編成によるものだと推測できます。

 さらには、『報道ステーション』終了後に編成されているテレビ朝日が誇る屈指のバラエティー番組群(『アメトーーク!』や『マツコ&有吉の怒り新党』など)の存在も大きいのではないでしょうか。バラエティー番組見たさに、少し前からテレビ朝日にチャンネルをセットすると『報道ステーション』を見るハメになると。(もちろん『世界の車窓から』の根強いファンもいるでしょうし)

 ちなみに、最近の『報道ステーション』(というか古舘氏)は「反原発」のスタンスを取っています。しかし、それもテレビ朝日関係者の証言によると、「古館氏が毎日購読しているのは東京新聞。反原発報道などもその受け売りなんですよ」とのこと。身内からこんな情報が出てくるということは、そろそろ古舘氏のキャスターとしての資質が改めて問われる時期だと思われます。(個人的には、久米宏氏の『ニュースステーション』の方が好きでした)
(文=アラキコウジ/ネタックス

情報提供はこちら
『記憶がウソをつく!』 記憶がイヤっていってるだけ!? amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合