NEW
国内で初めての立件も

既婚者の6割が相手のメールを盗み見を経験 悪質なら逮捕も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 たとえばある女性は、自分のウェブサイトで写真や日記を公開していた。するとその内、閲覧者から交際を申し込むメールが送られてきたという。しつこいので「もうメールしないで」と返事をしたところ、逆恨みから相手はネットストーカー化してしまった。その後は、「殺す」「死ね」と書かれたメールが送られてくるようになったという。

 こういったネットストーキングがエスカレートすると、ストーキング対象者の住所や電話番号などを調べ上げ、いたずら電話や待ち伏せ行為などに走る可能性もある。ネットストーカーがリアルストーカーになってしまうのだ。男女間のトラブルには気をつけたいものである。
(文=宮島理

『大人の「男と女」のつきあい方 (中経の文庫) 』 オトナの方が盗み見してるのに。 amazon_associate_logo.jpg

既婚者の6割が相手のメールを盗み見を経験 悪質なら逮捕ものページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事