NEW
ANAの次期社長人事を占う

ANAがHD化で先手!? 激化するANA対JALの経営闘争

【この記事のキーワード】, ,

 国内線の新しい枠の配分は今回が最後だが、この後に、国際線で年3万回の増枠を控えている。羽田の国際線の価値は国内線の比ではない。両社の真の狙いは国際線発着枠の確保にある。国内線枠の争奪戦は、その前哨戦でしかない。

 羽田の発着枠をめぐってJALとの争奪戦に勝てるかどうか。この帰趨がANAの首脳人事に影響を与えることは間違いない。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合