NEW
仙谷元官房長官の威光なき今、厄介者第1号となるか…

安倍政権発足で来る“死の政商”国際協力銀行執行役員の落日

【この記事のキーワード】, ,

 JBICの奥田碩総裁は、トヨタ自動車の社長・会長や日本経団連会長を務めた民間人トップ。副総裁は元財務官の渡辺博史氏。経営は所管官庁の財務省がグリップしている。最近では渡辺氏が前田氏の出すぎた行動にいら立っているといい、身内からも見放され始めた。頼みの民主党も総選挙では大敗北を喫し、空中分解の状態。「民主党色」のつきすぎた前田氏は、「焦って今は生き残りのために、経産族である自民党の二階俊博代議士に乗り換えようとしている」(霞が関関係筋)と言われている。

 消費税引き上げ政策など財務省は野田政権の「指南役」だっただけに、安倍政権の矛先は財務省にも向く。財務省やJBICとしては新政権との友好関係を保ちたいだけに、前田氏の存在が厄介な「お荷物」になりつつあるようだ。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら
『THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】』 今までは民主党に“暖められて”きたが… amazon_associate_logo.jpg

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合