NEW
ブラック企業アナリスト・新田龍「あの企業の裏側」第6回

野村総研、社員によるワイセツ被害女性を“逆に”訴えた恫喝訴訟で実質上の全面敗訴

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本裁判結果について野村総研に取材し、被害者側への謝罪をしたのかも含め文書で取材依頼を送付したが、期日までに回答はなかった。

 また、野村総研が本裁判で「被害を与えられた」と実損を主張している野村ホールディングスやIYホールディングスには、今回の同社の実質上の全面敗訴を伝えた上で、同社に対し不適切な行為を慎むように何か対応をされるのか、もしくはされたのかについて文書で取材を申し入れたが、両社からも期日までに回答は得られなかった。

 大企業が個人に恫喝訴訟を行った挙げ句、その手口の実態が露呈し、実質上の全面敗訴が確定した本裁判では、今後の展開と野村グループ各社の対応に注目が集まっており、本サイトでも続報予定である。

【本連載のアーカイブ】
IBM恐怖のリストラ、メディアや裁判所も黙る華麗な技術
“不祥事量産”IBMリストラ面談の恐怖「君の妻に電話する」
効果ゼロ、違約金を無心…悪徳SEO業者を告発する
何もせずに高額料金をふんだくる!?  詐欺SEO業者の手口
大手総合商社MとI、弱小企業を“恫喝”しブランドを乗っ取り!?

新田 龍(にった・りょう):株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト。
早稲田大学卒業後、「ブラック企業ランキング」ワースト企業2社で事業企画、人事戦略、採用コンサルティング、キャリア支援に従事。現在はブラック企業や労働問題に関するコメンテーター、講演、執筆を展開。首都圏各大学でもキャリア正課講座を担当。

『「伸びる社員」と「ダメ社員」の習慣』


ダメ社員を抜け出す簡単な方法

amazon_associate_logo.jpg

野村総研、社員によるワイセツ被害女性を“逆に”訴えた恫喝訴訟で実質上の全面敗訴のページです。ビジネスジャーナルは、連載、セクハラ裁判野村総研の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事