NEW

あの名作マンガはなぜ買えない? 創作者に“ものすごい”力を許す著作権の常識

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、この権利行使の理由に対して、世界の誰も、私に異議を申し立てることはできません。なぜなら、私は、私の著作物に関する絶対的な支配者であり、独裁者であるからです。

●初音ミク曲をアレンジするのは違法?

 さて、このように創作者は、創作した著作物に対して、絶対的な権利を持つのですが、それでは、その著作物をベースとして生まれた新しい別の著作物(いわゆる、「初音ミク」の2次著作物など)は、一体どうなるかを考えてみましょう。

 2つの例を挙げて説明してみましょう。

【例1】
 ボカロPさんがつくった初音ミクの声で歌う楽曲「クミクミしてあげる(×ミクミクしてあげる)」をベースとして、オーケストラの作曲家Bさんが、この曲をまったくイメージの異なる交響曲のコンテンツ「クミクミ交響曲」として創作した場合

【例2】
 ボカロPさんがつくった初音ミクの声で歌う楽曲「クミクミしてあげる」をベースとして、絵師Cさんが、その楽曲「クミクミしてあげる」に初音ミクの動画を付与した映画(=音楽+映像)のコンテンツ「クミクミ踊り」を創作した場合。

 まず、創作した人が、原始的に著作権者になりますので、「クミクミ交響曲」はオーケストラの作曲家Bさんに権利があり、「クミクミ踊り」については絵師Cさんに権利があることには、まったく疑いがありません。

 では、ここで問題です。

「作曲家Bさんも、絵師Cさんも、ボカロPさんの『クミクミしてあげる』を使っているのに、ボカロPさんには、何の利益もないのか?」

 わかりやすく、かつ、できるだけエゲつなく表現してみましょう。

 作曲家Bさんや、絵師Cさんが、「クミクミ交響曲」「クミクミ踊り」で儲かってもう笑いが止まらない時、ボカロPさんは、指を加えて、それを見ているしかないのか、ということです。

 著作権法は、このような「ある著作物をベースとして生まれた新しい別の著作物」についても、ボカロPさんにも、権利があると規定しています(著作権法第27、28条)。 さて、ここで「ある著作物をベースとして生まれた新しい別の著作物」というものを、以下、「二次的著作物」(著作権法第2条1項11号)と呼ぶことにします。

 つまり、ボカロPさんには、二次的著作物に関して、何もできないどころか、ものすごい権力が保障されています。

 どのくらいものすごいかについて、ボカロPさんができることを例として挙げてみましょう。

・「クミクミ交響曲」「クミクミ踊り」の公開はやめてください。理由は、私があなたの作品が気に入らないからです。
・「クミクミ踊り」をYouTubeになら流してもいいけど、ニコ動には流さないでください。私が、ニコ動の会員ではないからです。
・利益の半分を私にください。びた一文まかりません。

というように、他人の創作した二次的著作物についても、自分でつくった著作物と同じように「絶対的な支配者」になれると規定しているのです。

あの名作マンガはなぜ買えない? 創作者に“ものすごい”力を許す著作権の常識のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事