NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(4月第4週)

異次元金融緩和の下、トヨタ・ホンダは快調、日産・スズキは苦境…明暗の分かれ目とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 軽自動車のシェアが30%を割り込んだスズキも頭が痛い(東洋経済オンライン『劣勢のスズキ、女性目線でダイハツ追撃 苦戦が続く軽ワゴンを刷新し、挽回を狙う』)。

 しかし、今回の特集『クルマは日本を救えるか』では日産自動車、三菱自動車、スズキという企業はほとんど紹介されていないのだ。冷静な検証記事はインターネットの東洋経済オンラインでは読むことができるのだが、本誌になると、ほとんどイケイケの記事ばかり。記事を読むとアベノミクス同様に日本経済はこれから順風満帆だという楽観論になってしまう。これでは業界特集にしては一面的すぎるのではないか。
(文=松井克明/CFP)

ダイヤモンド編はこちら

異次元金融緩和の下、トヨタ・ホンダは快調、日産・スズキは苦境…明暗の分かれ目とは?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事