NEW
企業・業界
インデックスは日本振興銀行の親密企業だった

インデックス、なぜ“IT業界の勝ち組”は強制捜査にまで至ったのか?積極M&Aがあだに

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「5年程度で1000社に出資、4年以内に投資先企業100社を上場させる」と豪語したが、大言壮語に終わり、日本振興銀行のグループ強化を担う実働部隊となった。中小企業が振興銀行から融資を受ける際に、NISが不動産の評価や債務保証を行った。振興銀行のペイオフ発動と民事再生法の申請を受け、NISはも同様に申請した。しかし、12年11月に民事再生手続きが廃止となり、現在、破産手続きを進めているところだ。
(文=編集部/敬称略)

関連記事