【ハピズムより】

 スタジオジブリ作品で話題の『風立ちぬ』。今回は宮崎駿監督作品ではほぼ初めてといわれる、実在の人物の話を描いた作品である。

 さて、この作品の主人公・堀越二郎氏はゼロ戦、正式名称で「零式艦上戦闘機」の設計者として有名である。そこで今回は、海軍航空隊の生き残りであるA氏が実際にアメリカ兵に聞いた話や、体験談を元に、ゼロ戦にまつわる伝説に関して少し紹介したい。

■ゼロ戦の名前の由来とは?

 まず、ゼロ戦の名前の付け方である。なぜ「ゼロ戦」というのであろうか? これは、当時の日本が神武天皇の治世から数えて2600年、要するに皇紀2600年に当たる年である1940年に正式に採用されたということである。

 ちなみに、日本の兵器は、現在も西暦の下二けたの数字をその機種につけて表記をすることが慣例になっている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ