NEW

“新しい”転職サイト・ビズリーチ急成長の秘密に迫る〜企業と求職者を効率よく結ぶ

【この記事のキーワード】, , ,

寛司 広報の仕事というのは、既にある商品やサービスの広報をするのが一般的かと思いますが、「どのようにビズリーチのサービスを見せると皆さんに興味を持ってもらえるか?」という点を重視した広報活動をしています。ですから、企画を立ててメディアに提案することが多いです。

 企画は、弊社の世界観を表現しながら、今注目されているトピックを取り入れています。過去に社長公募がメディアを賑わせていた時には、社長を公募する企画を開催しました。

“新しい”転職サイト・ビズリーチ急成長の秘密に迫る〜企業と求職者を効率よく結ぶの画像3

●他部署の案件にもどんどん関わる

–ビズリーチの広報としての仕事の醍醐味について教えてください。

寛司 新しいことに積極的にチャレンジできるというのは、すごい魅力ですね。それから、サービスを開発する際に、こういう機能を追加したほうがいいのではと提案することもあります。「開発のことを知らないのに、なぜ広報が口を挟むの?」というようなことを言う人は弊社にはいません。先日ローンチしたcodebreak;でも、チームで考えていくなかで最初はなかった機能が追加されたこともありました。

–これまでの広報の経験の中で印象に残っていることはなんですか?

寛司 一番印象に残っているのは、やはりcodebreak;のローンチです。ローンチする直前にいろいろと方向性が変わりました。よりよいサービスを追求するためには仕方のないことですが、サイトの方向性が変わるたびに広報プランも変えなければいけませんでした。それでも「間に合わない」「ダメだ」とあきらめず、ぎりぎりのタイミングまで「どうすればベストか」を考えました。自分一人であればくじけていたかもしれませんが、一丸となってあきらめずに頑張り、結果的に計画通りにローンチすることができました。最近のローンチだったこともあって、印象に強く残っています。

–広報として必要なノウハウやスキルはなんだと思いますか?

寛司 私自身、学んでいる最中ですが、特にベンチャーでは、チャレンジする勇気を持つことが重要だと思います。他社と同じことをやっていてもなかなかメディアの方は注目してくれません。そうすると、その先にいるユーザーにも私たちの情報が届かず、認知度がなかなか上がりません。広報として企業情報を正しく伝えることはもちろん重要なのですが、まずメディアの方々におもしろいと思ってもらえるように、「情報をどのように見せるか」という仕掛けも重要だと思っています。

●ピザパーティーに社内運動会?

–社員のモチベーションを高め、組織内のコミュニケーションを活発化するための、貴社独特の取り組みになどがあれば教えていただけますか?

寛司 たくさんありますが、まず、月1回ピザパーティーを開催しています。このパーティーはオープンで、社員だけでなく、社員の知人も招待しています。前回は100人くらい社外の方が参加しました。

 ピザパーティーは社員同士のコミュニケーションの活性化のためにやっていますが、実は、社員の知り合いで弊社に興味のある方々を招き、社風を知ってもらうためのパーティーでもあります。社員のうち8割が知人紹介などによる入社でして、私も入社前に参加し、いろいろな社員と話ができ、社風を知る上でとても参考になりました。そのため、入社前に外から見ていた会社のイメージが、入社後に違っていたというようなミスマッチは起こりにくいです。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合