メディアへの影響力を駆使して“子”を守る花王。しかし、新商品投入問題しかり、当のカネボウ側はあまり反省をしているようには見えない。

花王は、まだなにかカネボウが隠しているのではないかと内心ビクビクしている。なにせバブル後にあれだけ粉飾を繰り返した企業風土。古参社員などは不正に対して、感覚が麻痺しているところもある。花王内部では、夏坂さんに対する同情論が出ていますよ」(前出・業界紙記者)

 まさしく「親の心、子知らず」といえよう。
(文=一条しげる)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合