NEW

“裏”流行語大賞、ノミネートで初めて知った(?)流行語~SNEP、アホノミクス…

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

● NSC

「NATIONAL SECURITY COUNCIL(国家安全保障会議)」の略称で、アメリカでは大統領へ国家安全保障に関する政策の助言を行ったり、中長期的な安全保障戦略を考えたりする機関として位置づけられています。日本でも、安倍晋三首相が日本版の「NSC」を設置しようと法案を取りまとめています。あまり耳にしない言葉ですが、首相の言葉が毎年必ず流行語大賞の候補になるということは、やはり首相は日本で最もその発言が注目される人物ということでしょうか。

●アホノミクス

 これもネガティブな意味の安倍首相関連です。安倍政権の経済政策、いわゆる「アベノミクス」を批判し続けている同志社大学教授でエコノミストの浜矩子氏による造語。浜氏は、11月8日に行われた日本外国特派員協会での記者会見にて、「アベノミクスはアホノミクスである」と痛烈に批判しました。ところで、新語・流行語大賞の候補に「アベノミクス」と「アホノミクス」の両方がノミネートされているというのはおかしなものです。

 新語・流行語大賞とトップテンは、12月2日(月)に発表されます。さて、上記の5つからランクインする単語はあるのでしょうか?
(文=降旗愛子/デファクトコミュニケーションズ)

“裏”流行語大賞、ノミネートで初めて知った(?)流行語~SNEP、アホノミクス…のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、アベノミクス流行語の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事