原告女性は訴訟を起こした理由について、桃谷弁護士を通じて次のように発表している。

「今回、訴訟を起こすことになったのは、私のような犠牲者が他にも出てほしくないと思ったからです。すべてのお金を失って1年間誰にも相談できず、私は身寄りもないので、年金で生きていかなければならないとずっと思っていました。(中略)私のように被害にあった方は、恥ずかしいとか思わずに思い切って知人や行政などに相談に行ってほしいと思います。被告に対しては反省し誠意ある対応を望みます」

 Y氏と三菱UFJ銀行側はどのような対応を行うのか、そして原告女性は失った財産を取り戻すことができるのか? 今後の動向を注視していきたい。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ