NEW
坂口孝則「ダマされないための“儲けのカラクリ”」 第23回

雑誌のクリスマス記事、なぜバブル期より大幅増?記事コピーの変遷から透ける消費の地味化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●バブル期の名記事コピー

 ところで、バブル期の雑誌のクリスマスに関する記事を読んでいると、苦笑するしかない名コピーがあふれていた。

 『ホテル・レストランは超満員 若者の「クリスマス」バカ騒ぎ もういいかげんにせんかい』(「週刊文春」<文藝春秋/90年12月20日号>)

 いい時代だったんですなあ。

 『ティファニーとマニュアル誌に追われて 怖いから恋するクリスマス・イブ』(「AERA」<現・朝日新聞出版/90年12月25日号>)

 これなど、本当にバブルの臭いがする。しかも「AERA」。

 『50組のイブ~エッチ朝までウォッチング~終着駅・ホテルまでの全経路‘89』(「微笑」<祥伝社/90年12月29日号>)

 などと面白いタイトルが多数見られますが、バブル当時は取材費もあったんでしょうね。しかし、一転してバブル崩壊以降は、さほど笑える記事タイトルもなく、唯一、

 『クリスマスプレゼント「これ」をくれたら“やらせて”あ・げ・る』(「FLASH」<光文社/97年12月30日号>)が5秒間ほど失笑を誘ったくらいだったのは、やはり日本全体が地味になったためか。

 先ほど筆者は、「ううむ、ということはバブルの夢はじけたゆえに、大衆は『クリスマス』を求めたのか」と書いた。「クリスマス」の記事数は増加するものの、地味でお金なく楽しむ傾向が明らかに見て取れる。これは健全になったというべきか。あるいは、アベノミクス好景気を願いながら、過激記事の復活を祈るべきか。

 と、ここで終われば良いものの、あえて陳腐な結語を申し上げる。

 華やかでも、華やかではなくても。家族連れでも、ひとりきりでも。カネがあっても、カネがなくても。昨年と同じく、幸せなクリスマスを。
(文=坂口孝則/購買・調達コンサルタント、未来調達研究所株式会社取締役)

●坂口孝則(さかぐち・たかのり)
関西の某国立大学卒業後、携帯電話メーカーへ。購買部に配属される。バイヤーとして担当したのは200社以上。株式会社アジルアソシエイツ取締役、未来調達研究所取締役(現職)。バイヤー同士の情報交換ができる場、購買ネットワーク会発起人。「ほんとうの調達・購買・資材理論」主宰。メルマガ「世界一のバイヤーになってみろ!!」代表執筆者。コスト削減のコンサルタント、調達業務研究家。物流コンサルタント。

雑誌のクリスマス記事、なぜバブル期より大幅増?記事コピーの変遷から透ける消費の地味化のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事