【不思議サイトトカナより】

 モロッコで行われているFIFAクラブW杯が、まったくといっていいほど盛り上がらないまま終わった。

 そもそもクラブW杯とは何かというと、「欧州・南米・北中米・アジア・アフリカ・オセアニア」の6大陸で行われているカップ戦の優勝クラブと、開催国の王者クラブに出場権が与えられる世界一のクラブを決める大会である。

 だが、大層なレギュレーションとは裏腹に「クラブW杯に権威はない」とサッカー関係者は言う。

続きは【トカナ】で読む