【不思議サイトトカナより】

 なぜ、そこまで旬ではないタレントの騒動がここまで大きく報じられ続けるのだろうか。

 現在、ワイドショーを席巻している、喜多嶋舞が大沢樹生の遺伝子ではない子どもを産んでいたかもしれないというゴシップ。

 発端となったのは『週刊女性』(主婦と生活社)が、大沢が喜多嶋との子どもをDNA鑑定したところ、父性確率が0%だったと報じたことだった。このスクープを受け、大沢が記者会見を開き、記事の内容が事実であることが公となった。

続きは【トカナ】で読む