資産2億円以上の方は対策の効果も大きいようです。相続税がいくらになるかは、特設サイト(http://tower-tax.com/)で概算の税額試算を依頼することができ、節税の提案についても回答してもらえます。

 本書は、この記事では割愛してしまった相続税増税のポイントから、物件選びの鉄則・ノウハウ、タワーマンション選びの実例まで、基本的な部分を網羅しています。資産家のみならず、税理士・FP・銀行員・保険外交員の方などはお客さんに言われる前に抑えておいた方がよさそうです。節税とはいえ、不動産は大きな買い物ですのでやはり失敗はしたくないものです。だからこそ、ポイントは知っておくべきではないでしょうか。
(新刊JP編集部)

関連記事

対象者が増える! 平成27年の相続税大増税のキモとは?
税理士が教える相続税の節税対策
遺産相続、「隠し子の権利」とは?
遺産相続 生前に講じておくべき3つの対策

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ