NEW

来年、燃料電池車元年?実用性向上で浮かぶ普及へのロードマップと、ビジネス的合理性

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●進化した燃料電池車

 実は、トヨタはすでに08年に「FCHV-adv」という燃料電池車を限定リース販売し、そのフィードバックで燃料電池車の実用化に向けてのデータを集めている。この「FCHV-adv」と比較すると、「TOYOTA FCV CONCEPT」は燃料電池エンジンの出力密度を2倍以上にするなど、大きく進化している。また、非常時には家庭向けに電力供給も可能で、一般家庭であれば1週間以上の電力を確保できる。

「TOYOTA FCV CONCEPT」は日本国内で15年中には発売され、その後北米でも販売される予定だ。北米向けの車については、カリフォルニア州のゼロエミッション法(自動車排気ガス規制)に対応しなければならないため、トヨタも必死だ。カリフォルニア州では、大手メーカーに対しては一定割合以上のゼロエミッション(排気ガスゼロ)車の販売を義務付けられているからだ。

●来年が燃料電池車元年?

 燃料電池実用化推進協議会は、燃料電池車の普及のためにさまざまな活動をしている。同協議会は、15年を最初のマイルストーンとして、エネルギー会社と協議して水素ステーションの配備を進めている。そして、トヨタをはじめとする燃料電池車に取り組んでいる各自動車メーカーも、15年までには燃料電池車の販売を開始する予定としている。

 さらにこれから10年間でコストダウンや実用的な進化をさせ、次のマイルストーンである25年には燃料電池車を一般的に普及させる予定だ。予定では水素ステーションのインフラも整い、さらに水素のコストも下がって、燃料電池ステーションのビジネスが成り立ち、燃料電池車の価格も一般家庭でも買いやすいレベルに下がる見込みとしている。

 これが日本での今後10年少々の燃料電池車のロードマップだ。15年以降、当初は燃料電池車は本体も高価でランニングコストも高くなることだろう。そして、燃料電池車がある程度買いやすい価格に下がるまでは、ハイブリッドや電気自動車などが現実的にエコな選択肢となるだろう。

 しかし、25年を迎えても究極のエコカーである燃料電池車の価格は、簡単に現在の普通自動車並みに下がるとは考えにくい。25年以降も当分はガソリン車、ハイブリッド車、電気自動車などが日本の道路に混在していることだろう。
(文=一条真人/フリーライター)

来年、燃料電池車元年?実用性向上で浮かぶ普及へのロードマップと、ビジネス的合理性のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アウディトヨタの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事