NEW

1千億以上…任天堂を悩ます、創業者・山内氏の巨額遺産問題~一部株式を親族から買い取り

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●一部株式を親族から引き取りへ

 任天堂は2月4日、自社株式950万株を1142億円で取得したと発表。3日の終値の1株1万2025円で立会外取引により買い付けた。取得した株式はM&A(合併・買収)を実施する際の株式交換に使う。適当な案件がなければ消却する可能性もある。

 任天堂は溥氏から株式を相続した親族に対し、株式を手放す場合は自社で買い取る方針を示し、1月29日に1250億円を上限として自社株取得枠を設定していた。立会外取引で親族4人が相続した株式数の67%相当を、会社側が引き取ったことになる。

 有力企業にとって、自社を成長させた創業者の巨額相続は、一歩間違えると経営に大きな影響を与えかねない悩ましい問題なのである。
(文=編集部)

1千億以上…任天堂を悩ます、創業者・山内氏の巨額遺産問題~一部株式を親族から買い取りのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ゲーム任天堂の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事