ビジネスとして着実な成果を上げながら、ワークライフバランスがごく当たり前のこととして実践されているイケア。ただし、イケアが会社員の理想郷のような企業であるかというと、そうではなく、イケア独自の厳しさもあるようです。

 採用に当たっては、「イケア・バリュー」と呼ばれるイケアの価値観と応募者の価値観がマッチしていることが最大のポイントとなるそうです。また、社員は限られた労働時間の中で確実に成果を出すことが求められます。

 ワークライフバランスが重要視される現代、このようなユニークな企業が増えていくといいですね。
(新刊JP編集部)

関連記事

これでも成功できる! かなり“非常識”な会社たち
女性が働きやすい企業の“必須条件”とは?
経営課題を解決できる“福利厚生”とは?
あなたの会社は、5年後も大丈夫だといえますか?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事