NEW

高須クリニック、「意味不明」と話題のCM、その狙いと秘密とは?高須院長に聞いた

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●寛容すぎる高須院長

--まず、このCMが制作された背景を教えてください。

高須院長 あれは、海外進出用のCMだったんですよ。以前、ドバイをはじめ海外に進出するはずで、それ用に制作したCMだったんですよ。でも2008年にリーマンショックがあって全部なくなっちゃった。せっかくCMをつくったんで、日本で流すことにしちゃったんですよね(笑)。
 
--一見すると美容整形とは関係ない内容で、ネット上では「よくわからないけど面白い」と話題になってますね。

高須院長 えー、そうなんですか(笑)。基本的に、CM制作のようなクリエイティブなことは、プロの皆さんに任せてるんですよ。私が口を出してしまうと、せっかくプロの方々がつくってくれた面白いものを壊してしまうかもしれないでしょう。

--高須クリニックさんは、ロゴや高須院長をキャラとしたボールペン、学習帳、クリアファイル、チェンジングポストカードなどを制作し、若者に人気の百貨店「ロフト渋谷店」などでは、高須クリニックグッズの専用コーナーまでつくられていますね。

高須院長 グッズも、肖像権とかそういうのはどうでもいいの。「私をキャラとして使ってくれていい」って言って、その許諾を与えただけ。それ以降は、制作会社の人に全部任せちゃってる。「なんでもつくっていいですよ」と。

--完成品はチェックもしないんですか?

高須院長 基本的にしません(笑)。そういうことをすると、若い才能の芽を摘んでしまうかもしれないでしょ?

 クリエイティブなことに関して寛容な高須院長ゆえ、ユニークで話題を呼ぶテレビCMが生まれたといえよう。今後の新作CMにも期待が持たれる。
(文=編集部)

高須クリニック、「意味不明」と話題のCM、その狙いと秘密とは?高須院長に聞いたのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビCM高須クリニックの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事