最後に大島へのメッセージを聞いたところ、「AKB48で頂点をとったように、今度は女優で頂点をとってほしい」(20代男性)などと、今後、大島が力を入れるとしている女優業を応援する声が目立つ一方、「もう歌手活動はしないと言っているのが、さびしい。大島がセンターを務めた『ヘビーローテーション』は、もうAKB48としては封印してほしい」(30代女性)と残念がる感想も聞かれた。

 また、「女優として成功して、これから卒業するメンバーのために道を切り開いてほしい」という要望のほか、「優子でAKB48を知った。そのおかげで、週末の楽しみができて、AKB48つながりの友達ができて、僕の人生を変えてくれた。大島がコンサートのMCで言っていたように、これからは芸能人の中での推しメン(一番応援するメンバー)として支えていきたい」と、大島への感謝を表す声も聞かれた。
 
 こうしたファンの声を背中に大島は、6月9日、AKB48劇場(東京・秋葉原)で行われる卒業公演を迎え、AKB48として最後の活動に挑む。

 大島は2006年にオーディションで第2期生としてAKB48に加入し、10年と12年の「シングル選抜総選挙」で1位となるなど人気を集めたが、13年大みそかに放送された『第64回NHK紅白歌合戦』で同グループ卒業を発表。また、ソロ活動としては女優として数多くのテレビドラマや映画へ出演している。
(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合