NEW
江川紹子の「事件ウオッチ」第7回

【都議会ヤジ】「若いきれいな新人の女の子」をいじめて喜ぶ「おじさん」たちの厚顔無恥

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いじめが起きれば、その関係者を特定し、適切な指導や場合によっては処分を行うのは常識だろう。ところが、それを批判する識者もいたのには、本当にがっかりさせられた。誰も名乗り出ず、自民党議員たちも「聞こえなかった」などとごまかしている時に、声紋鑑定で発言者を特定しようという動きを、「吊し上げ」だの「リンチ」だのと非難する人もいた。報じる側の方が、今回の行為が「いじめ」であるという認識の欠落があると言わざるをえない。

●都議らが重ねた、白々しい嘘の数々

 もう1つ、今回の件におけるメディアの問題は、都議たちのついてきた嘘に対する追及の甘さである。

 塩村都議の質問を記録した映像に明瞭な声でヤジが残っていた鈴木都議の場合、石破茂自民党幹事長が名乗り出て謝罪するよう求めるなど、党幹部が相次いで発言を批判し、声紋鑑定などの話が出て、5日後に謝罪をするまでの間、少なくとも3回、報道陣の取材に対し、「私ではない」「寝耳に水でびっくりした」などと嘘を述べていた。単に「話す機会を逸した」(謝罪会見での鈴木都議の発言)のではなく、取材を避けたわけでもなく、嘘でごまかし、批判をかわそうとした。

 また、都議会自民党の吉原修(よしわら・おさむ、町田市選挙区)幹事長は、当初、問題のヤジを「聞いていない」と発言した。鈴木都議が謝罪した後に行った記者会見でも、吉原幹事長は「(発言は)わからなかった」としている。吉原幹事長の席は、鈴木都議のすぐ斜め後ろ。かなり離れた記者席でも明瞭に聞こえているものが、聞こえないはずがない。吉原幹事長自身が嘘をついているのではないかという追及は、もっとなされるべきだったのではないか。

 さらに吉原幹事長は、自民党の全都議に調査したとしたうえで、「他のヤジを聞いた人はいなかった」とも述べた。かなり離れた記者席まで届いたヤジが、同じ自民党席の中で聞こえなかったなどという説明は、信じ難い。吉原幹事長の説明が嘘なのか、あるいは自民党の都議の多くが嘘をついているのか、そのどちらかではないのか。こうした追及もまたなされていない。仮に自民党都議の多くが嘘をついたとすれば、そうした人たちが大勢を占める都議会は、いったいなんなのか、ということになる。

 政治家が自らの発言の結果として降りかかってくる火の粉を避けるために、あるいは仲間内を守るために、外に向かって嘘を発することに、マスメディアはもっと厳しい態度で臨むべきだろう。そして、有権者に嘘をつく行為はしっぺ返しを食らうと、都議たちに痛感させなければいけなかった。

 本件では、ほかにも残念な人たちがいた。たとえば、吉野利明(よしの・としあき、三鷹市選挙区)都議会議長。ヤジがあった本会議の2日後、塩村都議が地方自治法※に基づいて発言者特定と処分を求める文書を出したが、吉野議長は「発言者が不明で調べるのが難しい」として不受理とした。地方自治法では、発言者を特定して訴えることは要求していない。しかも、都議会規則によって、懲罰動議は問題があった日から3日以内に提出しなければならないため、鈴木都議が特定された後では、再度の提出はできない。ヤジの発言者が自民党であると指摘される中、自民党出身の吉野議長が、仲間が懲罰される機会を封じ込めたことになる。

 さらに、塩村都議がタレント時代に発したバラエティ番組でのセリフを引き合いにして、その人格を誹謗するような週刊誌報道もあった。「犠牲者づらして売名行為に走ったみんなの党の塩村なんとかという女性都議」と罵った評論家の天木直人氏に至っては、若い女性議員が注目されていることへのやっかみでしかないだろう(http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140621-00036590/)。

 そうした残念な言説に同調する者もいるが、圧倒的に批判の声が大きい。この世論の健全さが救いだが、世論というのは忘れっぽいのが弱点だ。大切なのは、今回の問題で出てきた人たちの言動を、都民は少なくとも次の都議選まではよく覚えておく、ということだろう。
(文=江川紹子/ジャーナリスト)

(侮辱に対する処置)
地方自治法第百三十三条 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会において、侮辱を受けた議員は、これを議会に訴えて処分を求めることができる。

●江川紹子(えがわ・しょうこ)
東京都出身。神奈川新聞社会部記者を経て、フリーランスに。著書に『魂の虜囚 オウム事件はなぜ起きたか』『人を助ける仕事』『勇気ってなんだろう』ほか。元厚労省局長・村木厚子さんの『私は負けない「郵便不正事件」はこうして作られた』では取材・構成を担当。クラシック音楽への造詣も深い。
江川紹子ジャーナル www.egawashoko.com、twitter:amneris84、Facebook:shokoeg

【都議会ヤジ】「若いきれいな新人の女の子」をいじめて喜ぶ「おじさん」たちの厚顔無恥のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事