NEW

芸能人の使用済みグッズ、なぜ超高額で裏市場に出回る?パンスト、歯ブラシ、爪…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この男性によれば、パンストや靴、歯ブラシやクシ、使用したカップから髪の毛まで、内容はバラエティー豊富だという。

 あるテレビ局の現役ADは、「僕もこっそりやっています。自分が好きなアイドルなら、売らずに持ち帰っています」といい、過去に転売したもののうち最高値は、「女優Sの足の爪」で15万円だったという。高額といえば、全国的に知名度が高まり、熱心なファンも多いアイドルグループ・AKB48のグッズなどは、さぞ超高額で取引されているかと思いきや、実際にはあまり出回らないらしい。その理由を、このADはこう推測する。

「AKB48ファンは、メンバーに性的欲求を感じていない人が多いんです。あくまでも、『自分たちがメンバーを育てている』という意識を持っていますから、出品されていても『トンデモナイ事件だ』と、きっと拒絶するでしょう」

 ところで、このように芸能人の使用済みグッズをテレビ局関係者が持ち出して転売することは、法的に問題はないのだろうか? 弁護士法人アヴァンセリーガルグループ執行役員の山岸純弁護士に見解を聞いた。

「アイドル・有名人の使用済みグッズのうち、割り箸や足の爪などは、一般的にはゴミですので、このような持ち主のいないゴミ、すなわち、法律でいう『無主物』については、自分の物として占有すれば、その時点でその人の物となります。従って、それを誰に売ろうが、こっそり持ち帰って神棚に飾ろうが、その人の自由です。もちろん、法的にもなんの問題もありません。

 次に、番組でアイドルたちが使用した小道具や、アイドル自身のクシ、歯ブラシなどを勝手に持ち出せば、番組制作会社やアイドル自身、すなわち所有者に断りなく持ち出しているわけですから、当然、窃盗罪(10年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が成立します」

 他方、これらのグッズを買い取り、一般の人々に商品として売ることで利益を得ている業者側には、どのような問題点があるのだろうか?

「これらのモノを買い取る業者側ですが、上記のゴミ以外は、“一度使用した物品”、すなわち『古物』に当たりますので、これらの売買やあっせん、オークションなどを行う場合、古物営業法上の許可が必要となります。しかしながら、使用済みグッズの売買やオークションなどは“裏市場”で行われていることが多いようですので、まじめに許可を取っている業者は恐らくいないでしょう。

 したがって、無許可業者が摘発されれば、古物営業法違反として3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

 なお、古物に当たる使用済みグッズを持ち込む側も、単に一度売るだけなら古物営業法違反にはなりませんが、売買を繰り返して利益を得ていれば、営業とみなされる可能性もありますので、無許可営業として罰則も科せられるかもしれません」(同)

 使用済みグッズを持ち出して売る側、それを買い取る業者側の双方に法的問題を抱えている可能性があり、こうした裏市場の利用は決して好ましいものではないといえよう。それにしても、現在、誰の品が高値で取引されているのかという点は、興味深いところだ。
(取材・文=城崎丈一郎)

芸能人の使用済みグッズ、なぜ超高額で裏市場に出回る?パンスト、歯ブラシ、爪…のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、アイドルテレビ局芸能人の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事