【不思議サイトトカナより】

ebora0903-2.jpg猛毒をふるう、エボラウィルス

■エボラ出血熱とは?

 今年に入り、西アフリカで爆発的な流行を起こしているエボラ出血熱。致死率は最大90%以上、最短1週間で死に至るという、人類史上、最も危険なウイルスのひとつだ。エボラウイルスは高い致死率もさることながら、その症状が凄まじい。

■エボラの症状 皮膚・目・脳

 感染初期に罹患者の免疫の生化学反応系を阻害して麻痺させ、その間に増殖する。最初は咳や発熱から、風邪だろうと考えていているうちに、エボラウイルス特有の症状が現れ始める。

続きは【トカナ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合