NEW
永井孝尚『企業の現場で使えるビジネス戦略講座』(9月25日)

「成功は失敗のもと」の罠、どう回避?会長反対でも発売、あのヒット商品誕生秘話より考察

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●「やるべきこと」「やりたいこと」を考える

 では、どうすべきか? アサヒの事例がまさに参考になる。現場が考えたように「やるべきこと」「やりたいこと」を考えるのだ。

 両者の違いを図で表現してみると、冒頭の図のようになる。

「できること」と「できないこと」。言い換えれば自分の常識で考えるのは、過去を基準に判断している。確かに過去の成功経験は大切だ。人を成長させてもくれる。しかし半面、成功体験だけを基準に判断するようになると、リスクを過度に回避してしまう弊害もある。過ぎ去った経験をもとに、必要以上に未来を恐れてしまう。こうなると新しい未来を切り開くことは難しい。

 だから「成功は失敗のもと」なのである。では、そうならないためにはどうすればよいのか?

 未来がどうなるかは誰一人わからない。市場も顧客も変わる。さらに人は、いくつになっても成長し続けるものだ。むしろ、常に「やるべきこと」「やりたいこと」を考える。そして実行しながら学ぶ。変化が激しい現代は、成功の方程式も変わる。だから場合によっては過去の自分を否定する。「過去の自分の否定力」は、実は来るべき未来を基準に考える、未来志向の考え方なのだ。

「成功は失敗のもと」の罠から抜け出すヒントは、意外と単純なことに、過去の成功体験を一旦リセットした上で、「やるべきこと」「やりたいこと」を考えることにあるのだ。
(文=永井孝尚/オフィス永井代表)

●永井孝尚(ながい・たかひさ)
オフィス永井代表。1984年に慶應義塾大学工学部卒業後、日本アイ・ビー・エム入社。IBM大和研究所の製品プランナーとして企画した製品がバブル崩壊で大苦戦するも、プロモーションの傍らで全国を駆け回りセールス活動を展開、さらに製品開発マネージャーも兼任し3年間で多くの大規模プロジェクトを獲得する。98年よりマーケティングマネージャーとしてCRMソリューションの戦略策定・実施を担当し、市場シェア1位と市場認知度1位獲得に貢献。同社ソフトウェア事業で事業戦略担当後、人材育成責任者として人材育成戦略策定と実施を通じて事業の成長を支える。2013年に30年間勤務した日本アイ・ビー・エムを退職。オフィス永井を設立し、ビジネスパーソンの成長支援を通して日本企業がより強くなることを目指し、マーケティング・戦略などの講演・研修を提供している。主な著書に、シリーズ50万部となった『100円のコーラを1000円で売る方法』シリーズ(全3巻、コミック版全3巻、図解版)、『残業 3時間を朝30分で片づける仕事術』(以上、KADOKAWA中経出版)、『「戦略力」が身につく方法』(PHPビジネス新書)などがある。最新著書は、『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ』(KADOKAWA中経出版より14年9月11日発売予定)。

・問い合わせ先:永井孝尚オフィシャルサイト  

「成功は失敗のもと」の罠、どう回避?会長反対でも発売、あのヒット商品誕生秘話より考察のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事