NEW

1カ月でそこそこ英語が話せるようになる! 頭を英語脳にする「3つの箱」の整理術

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■長文もさくさく訳せる3つの箱

 今回は短い文章でご紹介しましたが、このような感じで3つの箱を使っていくと、長い文章もさくさく英語に訳すことができるようになります。

 この詳細は、山西教授の著書『英語がほとんど話せない人でも1カ月でそこそこ話せるようになる本』(アスコム/刊)にまとめられています

 イラストと図解がたっぷり入り、全ページフルカラーでとても読みやすいので、英語への苦手意識を消すために、ぜひ活用してみてください。
(新刊JP編集部)

関連記事

英会話で困ったときに使えるフレーズ10選
外国人には意味がわからない日本人の英語
東京の街にあふれる「ちょっとヘンな英語」
“How are you?”は死語だった…!?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

1カ月でそこそこ英語が話せるようになる! 頭を英語脳にする「3つの箱」の整理術のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事