NEW

フジテレビ低迷は定着するのか?愛すべきバカが真面目へ“老化”した2つの原因

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷川 私は必ず盛り返すと、すでに去年からいろんな場所で明言しています。私は古巣の中にいる素晴らしい若きクリエイターを何人も知っています。確かに今の局長クラス以上は、日枝会長のイエスマンで固められており、自身の保身と出世を最優先に考えるタイプが多い。しかし、視聴率が低迷すれば、そのような人たちがこのまま社内で幅を利かせることはできなくなるでしょう。必ずフジ内部で大きな改革の波が訪れ、現在現場にいる素晴らしいクリエイターたちが存分に力を発揮できる日がやってきます。

 私はその日が来るのが4~5年後とみています。そして、東京五輪が開催される2020年あたりでフジは再び視聴率3冠を取り戻すとみています。なぜそう言えるのかは、予言が当たったらまた解説します(笑)。まぁ見ていてください。ほぼ、そうなりますから。

 ただ、テレビを取り巻く環境は変化しつつあります。東京でいえば、ローカル局の台頭が挙げられるでしょう。例えば、TOKYO MX(9チャンネル)では、私が出演する番組も含め、口コミで「面白い」という噂が広がり、視聴率も営業利益も飛躍的な伸びを見せています。MXは現在、3期連続の過去最高益を更新中であり、恐ろしいほどの勢いです。全国を見渡しても、ここまでの勢いを持つテレビ局はありません。

 すでにMXの看板番組である『5時に夢中!』は常に平均視聴率5~7%を確保し、大手キー局各社がニュース番組を放送する夕方の時間帯で、2位や3位に食い込んできています。これは大手テレビ局の天下り先であるビデオリサーチ社は「都合の悪い真実」であるため発表していないのですが、実はもうそこまでMXの勢いは来ているのです。「面白いテレビ番組」は、必ず視聴者に選ばれるのです。

 つまり、日本テレビが現在圧勝をしているのは「今の日本テレビ」が「面白い」からであって、どのタレントを使っているとか、どの芸能事務所をひいきにしているとかではなく、単純に「視聴者が見ていてプラスの時間となる」番組を数多くつくっているからなのです。一方、フジが苦しんでいる理由は、どれだけ現場が奇抜で面白そうなアイデアを出しても、守りに入った“日枝イエスマン”の上層部に却下されたり、接待を受けている芸能事務所のタレント起用を上層部から強要されてしまい、自由な戦いができていないためです。こんな状況はいつまでも続きません。若きクリエイターたちの才能が必ず爆発する日が来ます。私は、その日がきっと近いうちに来ると予言します。
(構成=編集部)

フジテレビ低迷は定着するのか?愛すべきバカが真面目へ“老化”した2つの原因のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事