NEW

薬の服用法、アバウト表示の謎 「1日数回、適量」ってどれくらい?意外な裏ワザ?

酒平民 林賢一/放送作家、脚本家
【この記事のキーワード】

, , ,

–そのときの1回の噴射量というのは、どれくらいですか?

担当者 1~2プッシュくらいが1回の目安です。

–つまり1日5~6回、2時間おきに1~2プッシュがベストということですね。

担当者 2時間おきが理想ではございますが、こちらもあくまでも目安ですので、適宜調整していただけたらと思います。

–例えば、多めに噴射したとしても問題ありませんか?

担当者 はい。問題ございません。

–噴射した後、飲み込んでも問題ないと書いてありますが、まったく体に影響はないのでしょうか?

担当者 飲み込んでいただいても問題ございません。

–ちなみにスプレーの有効成分はどれくらいの間、喉に張り付いているのですか?

担当者 個人差があるとは思うのですが……申し訳ございません。詳細につきましてはわかりかねます。

–喉にうまく当てられず、舌に当たってしまうことが多いのですが 、コツはありますか?

担当者 声を出しながら、息を「はあー」と出しながら、噴射していただくといいと思います。

–最後に、効能として口内炎にも効く、とあるのですが、喉の腫れと口内炎の両方に効くのはなぜですか?

担当者 スプレーに含まれるアズレンスルホン酸ナトリウム水和物という成分は、炎症を鎮め、痛み・腫れなどの症状を改善するので、喉の痛みや腫れ、口内炎にも効果があるのです。

–ありがとうございました。

 このように、のどスプレーのアバウトが解決した。具体的には「1日数回、適量」の意味するところは「1日5~6回、2時間おきに1~2プッシュ」ということだ。

 これでもまだ「5~6回」「1~2プッシュ」とアバウトが残っている気もするが、このくらいは“さじ加減”ということでOKとしよう。
(酒平民 林賢一/放送作家、脚本家)

・林 賢一(はやし けんいち)
1979年、五反田生まれ。放送作家/脚本。学生時代から古舘プロジェクトで修業。
映画監督・入江悠と仲間たちが映画を愛する人々へ贈るメルマガ【僕らのモテるための映画聖典】で「新作映画のカット数を数える」という無謀な連載中。是非ご一読を。

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合