NEW

今週末の競馬・阪神ジュベナイルフィリーズと衆院選の意外な関係?大波乱の予兆か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回、この波乱含みの阪神ジュベナイルフィリーズをさらにリサーチするため、老舗競馬情報サイト「シンクタンク」に話を聞いた。

JRA元調教師の境征勝氏も、競馬界のOBとしてシンクタンクで活動

●業界No.1といわれる総勢380名以上の情報ルート


--阪神ジュベナイルフィリーズに関する報道が多く出ていますが、どれも波乱になりそうなニュアンスです。貴サイトはどのような見解を持っていますか?

シンクタンク担当者 今年の阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦である、11月1日の第3回アルテミスステークスでは9番人気のココロノアイ、第19回KBS京都賞ファンタジーステークスでは最低人気だったクールホタルビが勝っていますから、一見するとどの馬にもチャンスがあるように思えます。とても興味深いレースですが、馬券を的中させるとなると頭を悩ませる方々が多いのではないでしょうか。

 しかし、弊社ではもう馬券の中心にできる馬に関する情報を入手しています。実は『08年に同レースで圧勝したブエナビスタ並みに確実』という話もあるほどです。

 さらに、出走全馬に関する最新の状態や関係者の思惑なども、総勢380名を超える当社独自の情報ルートで入手しており、他社が知らないような核心のネタも飛び込んできています。中でも配当面でも狙いたいとマークしている注目馬がいるのですが、会員のみの情報となっており、ここでは公開することができません。

--シンクタンクの会員になった方々は実際に儲けているのですか?

シンクタンク担当者 会員によって馬券を買うご予算が違いますので、一概にいくら儲けられたということは明言できないのですが、『帯封(100万円)を獲得した』というご連絡を頂戴することは度々あります。やはり、長期的にご参加されている方は安定して利益を上げられているようです。

--阪神ジュベナイルフィリーズに際して、入会キャンペーンなどはありますか?

シンクタンク担当者 まだ当サイトの情報を利用したことがない方に限り、今週は阪神ジュベナイルフィリーズの大穴1点買い目を特別に無料公開させていただきます。また、馬券購入に役立つだけでなく、競馬を見るのが面白くなる話を弊社の会員専用ホームページで公開していますが、そちらもご覧になることができます。その上でご満足いただければ、正会員へと登録をご検討いただければと思います。

「競馬でもっと儲けたい」「もっと効率よく利益を出したい」とお考えの方に、この正会員情報は自信を持ってお勧めいたします。

--最後に競馬ファンへ向けてメッセージをお願いします。

シンクタンク担当者 競馬は、日本中央競馬会(JRA)が馬券売り上げから約25%を引いた残りのお金を的中者で分配する公営賭博です。従って、大勢の人が買わない馬券を購入して的中させられれば大金を手にできるわけですが、なんの根拠もなく闇雲に他人と違う馬券を買っても損をするだけです。

「競馬で思うように儲けられない」という場合、それは「予想が下手」「買い方が下手」「運が悪い」わけではありません。知っていれば当たり前のように的中させられる情報を入手していない、または入手する術を持っていないだけなのです。

 当サイト情報ルートには、1970年代の人気馬ハイセイコーの主戦騎手でJRA元調教師の増沢末夫や、同じく70年代の名馬マルゼンスキーの主戦騎手でJRA元調教師の中野渡清一、グリーングラスの主戦騎手でJRA元調教師の安田富男など、大物中の大物が入手する「本物の内部関係者情報」があれば、馬券で利益を上げることは皆様が思っているほど難しくはありません。ぜひ一度体験してください。

--ありがとうございます。

 日本中が衆議院選挙一色となる14日。現在の情勢では自民党の圧勝という結果になりそうだが、同日に開催される阪神ジュベナイルフィリーズは大波乱の結果も考えられる。

 ちなみに選挙では投票を行うが、実は馬券の正式名称は「勝馬投票券」という。シンクタンクが無料公開する「大穴1点買い目」を参考にして、選挙と馬券の“ダブル投票”に興じてみてはいかがだろうか。阪神ジュベナイルフィリーズは15時40分の発走予定だ。
(文=編集部)                 シンクタンク

今週末の競馬・阪神ジュベナイルフィリーズと衆院選の意外な関係?大波乱の予兆かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRA万馬券競馬衆議院議員総選挙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事