【不思議サイトトカナより】

 9日発売の「女性自身」(光文社)に、浅田真央の叔父が登場し、彼女の今後について「平昌五輪の出場はないだろう」と語った。記事によると、浅田本人の口から直接叔父にその決心を伝えられたかは定かではないが、その口調には“確信がこもっていた”と記されている。

「荒川静香さんは、24歳の時にトリノオリンピックの金メダリストとなりましたが、これは五輪女子フィギュア史上最年長でした。もし、浅田さんが次の五輪に出場するとしたら、27歳です。

続きは【トカナ】で読む

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ