【不思議サイトトカナより】

0529obokata_main.jpg※写真=小保方晴子/撮影=吉田尚弘

 STAP細胞論文をめぐる不正問題で、小保方晴子研究員は12月21日付けで理化学研究所を退職予定であることが明らかになった。また、退職後にも懲戒の議論が行われることがわかった。

 すでに博士号が取り消された小保方氏だが、今後彼女が研究・活躍する場は残されているのだろうか? サイエンス・ライターの川口友万氏に伺った。

続きは【トカナ】で読む

RANKING
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ