NEW

2015年から相続税負担増! 家族が“争族”になる前に知っておきたい相続税の基本

【この記事のキーワード】, ,

 被相続人が使いたいことに使うことで相続税額は減少します。また、生前に資産を相続人などに移転させることも資産を「減らす」ことになります。その際には贈与税の非課税枠をうまく利用すれば、効果的な資産転移が可能です。

 もうひとつは、資産は減らさず「評価額を落とす」ことです。資産を組み替えたりすることで、相続税の計算における評価額を減少させるものです。相続税法上の資産評価額と市場における実際の取引価格との差を利用し、相続税の負担を抑えます。資産1億円以下であれば、生前贈与や保険金の活用で相続対策は十分行うことができます。しかし、資産が1億円を大きく上回ってくると、生前贈与だけでなく金融資産をマンションに替えるなどの方法を併せてとるべきだそうです。

 本書では、相続税を「不動産」や「法人化」でゼロにするポイント、相続対策を相談するべきパートナー選びのポイントなど、相続対策をイチから始めるためのノウハウが網羅されています。

 「相続なんてまだまだ大丈夫」なんて思っている人にこそ、手にとって欲しい一冊です。
(新刊JP編集部)

関連記事

再来年の相続税増税で“もめない家庭”にするには…?
「都内・持ち家」は課税対象?相続税法改正で損する人
2015年1月に迫る増税“タワーマンション節税が最適”の理由とは?
個人への課税強化で不動産投資がもうからなくなる?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合