NEW

山本太郎議員、狡猾なスキャンダル潰しの過去と御法度 ネタとしか思われない東スポ利用か

文=小川裕夫/フリーランスライター
【この記事のキーワード】, ,

「国会議員のスキャンダル報道などでは、対象となった議員が親しい記者に頼み込んで発売前のゲラ刷りを手に入れ、次善策を練ることはよくあります。しかし、事前にほかの媒体に情報を流すのはルール違反。それをやったら、マスコミが汗水たらして取材したものがすべてパーになってしまう。そんなことを2度もされているのですから、『新潮』は相当怒っていると思います」(前出・週刊誌記者)

 永田町関係者の間では「山本氏は元芸能人だけあって、自分をアピールする方法を知っている。目立つけれど、政策は全然ダメだから橋下徹大阪市長みたいな存在にはなれない」という意見が目立つ。しかし、巧みなマスコミ操作でスキャンダルを揉み消した山本氏の能力は侮りがたい。
(文=小川裕夫/フリーランスライター)

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合