NEW
山田修「展望!ビジネス戦略」(1月12日)

国内社会人向けMBAは無価値?その驚愕の実態 安価なアジア留学がビジネスに有効

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そこで、これからのMBA留学の狙い目は、実はアジアにある。世界の大学ランキングでは近年、14年こそ東京大学が巻き返したものの、シンガポール国立大学や香港大学は東大を凌駕しつつある。MBA校ランキングでアジア1位となったのは、これも香港の香港科技大学(HKUST)のビジネススクールである。留学にかかる総費用もハーバード大の半分程度で済む。地理的に日本から近いことも何かと便利だ。

 何より強みとなるのが、アジアで経済を牛耳っている華人系企業の御曹司やらが多数入学しているので、彼らと強固で親密なネットワークを築けることだ。中華系ビジネスは、彼らの言うところの「関係(ガンシー)」によって構築、展開されるので、そのネットワークに入れることは将来とてつもない財産となる。

 アジアに進出している、あるいはその可能性があるオーナー企業の子息などにとっては、MBAをアジアの一流校で取ることが、絵に描いたような国際派の次世代経営者の端緒となり得るのである。
(文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役)

撮影=キタムラサキコ
●山田修(やまだ・おさむ)
経営コンサルタント、MBA経営代表取締役。20年以上にわたり外資4社及び日系2社で社長を歴任。業態・規模にかかわらず、不調業績をすべて回復させ「企業再生経営者」と評される。実践的な経営戦略の立案指導が専門。「戦略カードとシナリオ・ライティング」で各自が戦略を創る「経営者ブートキャンプ第10期」が10月より開講。1949年生まれ。学習院大学修士。米国サンダーバードMBA、元同校准教授・日本同窓会長。法政大学博士課程(経営学)。国際経営戦略研究学会員。著書に 『本当に使える戦略の立て方 5つのステップ』、『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』(共にぱる出版)、『あなたの会社は部長がつぶす!』(フォレスト出版)、『MBA社長の実践 社会人勉強心得帖』(プレジデント社)、『MBA社長のロジカルマネジメント-私の方法』(講談社)ほか多数。 

「有限会社MBA経営 公式サイト」
http://senryaku.p1.bindsite.jp/
「山田修の戦略ブログ」
http://yamadaosamu.blogspot.com/

国内社会人向けMBAは無価値?その驚愕の実態 安価なアジア留学がビジネスに有効のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事