NEW
碓井広義「ひとことでは言えない」(1月16日)

視聴率惨敗のNHK『花燃ゆ』が抱える不安 評価は早計、面白くないはずはない

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK大河ドラマ『花燃ゆ


 年が明けて1月4日からNHK大河ドラマ『花燃ゆ』が始まった。しかも初回の平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)がいきなり話題となった。1989年の『春日局』(14.3%)、77年の『花神』(16.5%)に次ぐ歴代ワースト3位の数字だったからだ。

 大河ドラマはNHKの看板番組の一つであり、注目度も高いので仕方ないが、初期の視聴率だけで否定的な評価を下すのは早計というべきだろう。

 吉田松陰(伊勢谷友介)をはじめ、幕末から維新へと時代を動かした人物たちを描いていくドラマであり、基本的に面白くないはずはない。ただし今回は吉田松陰の「妹」という、一般的には知られていない人物を主人公に立てたことへの不安はある。この設定が物語の幅を狭めないかという危惧だ。

 だが初回を見る限り、子役の山田萌々香の好演もあって、松陰の妹・文(ふみ)が少女時代から「人をつなぐチカラ」を持つ人物であることは伝わってきた。

 最も印象に残ったのは、幕府が禁じた書物をめぐる騒動の中、後に文の夫となる小田村伊之助(大沢たかお)が、長州の藩校で学ぶ若者たちに訴える場面だ。

「人はなぜ学ぶのか。お役に就くためでも、与えられた役割を果たすためでもない。かりそめの安泰に満足し、身の程をわきまえ、この無知で世間知らずで、何の役にも立たぬ己(おのれ)のまま生きるなどご免です。なぜ学ぶのか。この世の中のために、己がすべきことを知るために学ぶのです」

 この場面、そしてこの台詞には、ドラマをつくっているスタッフとキャストの“志”のようなものが込められていた。それさえあれば、「大きく堕することはないのではないか」とさえ思った。

 2回目からは文を演じる井上真央も本格的に登場して、文のヒロインとしての存在感も増している。今後、松陰はもちろん、門下生の高杉晋作(高良健吾)や久坂玄瑞(東出昌大)など幕末の志士たちと、どう関わっていくかも興味深い。視聴率ばかりを指摘する声に惑わされず、ドラマそのものと向き合っていきたい。
(文=碓井広義/上智大学文学部新聞学科教授)

視聴率惨敗のNHK『花燃ゆ』が抱える不安 評価は早計、面白くないはずはないのページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHKテレビ東京花燃ゆの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事