NEW

高速道路の逆走 “わからなくなる”ので”やめられない”?

【この記事のキーワード】

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kousoku.jpg高速道路を逆走するその理由は……

 2015年1月7日、80代男性が軽自動車で首都高を逆走し、大型トラックとトレーラーに次々と衝突する事故を起こして死亡した。この男性は、前日から行方不明になっていた認知症の患者だった。

 高齢ドライバーが関与する交通事故は年々増加し、2013年は全体の19.2%を占めた。これは10年前の約2倍だ(警視庁交通総務課統計)。

 年を取れば視力、瞬発力、運動機能が低下し、運転の危険度は高まる。そのうえ認知症を患えば、判断力が乏しくなるのは明白。認知症の主症状は、もの忘れが激しくなる記憶障害や、「いつ・どこ・だれ」などがわからなくなる見当識障害だ。

 いざハンドルを握って出かけても、「どこへ何のために車を走らせているのか?」「ここがどこなのか」わからなくなる。頭が混乱し、ブレーキとアクセルがわからなくなる――。

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合