NEW

ベッキー、ローラ…囁かれる「ハーフタレントの陰謀論」とは?

【不思議サイトトカナより】

 「女性自身」(2月17日号)に、芸能人派閥『ハーフ会』が注目されているという記事が掲載された。バラエティ番組に存在する“ハーフ枠”の出演をめぐり集ったのが、ベッキー(30)、ローラ(24)、ウエンツ瑛士(29)、SHELLY(30)、ユージ(27)、ホラン千秋(26)、ハリー杉山(30)、お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニー(24)ら8名。

 なんでも、ベッキーと仲良くなれば、同じバラエティ番組にキャスティングされる可能性が高まるという魂胆で開催されたと誌面に登場する記者はみているが、上記のタレント以外にも、マギー、トリンドル玲奈、ダレノガレ明美、森泉、木村カエラ、ジョイなど、芸能界で活躍するハーフタレントは多い。いかに彼らの活躍がお茶の間に浸透しているか分かるが、この現象にネット上では……

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合