NEW
理央周「マーケティングアイズ」

なぜミスドは素晴らしいのか?値引き競争の罠に陥らず、ヒット商品を生み出す「新結合」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 居酒屋をはじめとする外食業界の競争は激しい。下手をするとすぐに価格競争になり、クーポンを乱発したりする。そうすると利益も落ちるし、ブランド価値も下がる。芋んちゅのような自由な発想ができると、新しい価値や話題をお客に提供できる。価格の安さ以外の魅力を感じて、顧客が「行く理由」が生まれる。競争する場所と軸が変わることで、値引き合戦から抜け出すことができるのだ。

 このような発想は「居酒屋だから」という固定観念があると生まれない。「新結合」という発想は、あらゆる業界に通用する、価格競争や利益率低下に陥らずに顧客を創出するカギといえる。
(文=理央周/マーケティングアイズ代表取締役、売れる仕組み研究所所長)

●理央周(りおう・めぐる)
マーケティングコンサルタント、社員研修講師、マーケティングアイズ株式会社代表取締役、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科准教授。1962年生まれ。静岡大学人文学部卒。フィリップモリスなどを経て、インディアナ大学経営大学院にてMBAを取得。アマゾンジャパン株式会社、マスターカードなどで、マーケティング・マネージャーを歴任。2010年に起業し、マーケティング アイズを設立。翌年法人化。収益を好転させる中堅企業向けコンサルティングと、従業員をお客様目線に変える社員研修、経営講座を提供。2013年より関西学院大学経営戦略研究科准教授として教鞭をとる。著書は『なぜか売れるの公式』(日本経済新聞出版社)、『外資系とMBAで学んだ先を読む会話術』(PHP研究所)など。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌への出演、寄稿も多数。
【HP】http://www.businessjin.com/ 

なぜミスドは素晴らしいのか?値引き競争の罠に陥らず、ヒット商品を生み出す「新結合」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事