NEW

コカ・コーラに異変、一体何が?緑のコーラ、牛乳参入…業績不振で世界的リストラ断行へ

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 飲料業界はかねてから再編必至といわれ、「JT、カゴメ、ダイドードリンコが候補」とされてきた。JTが撤退するため、カゴメとダイドーの動向に注目が集まる。

 14年のメーカー別シェアは、1位の日本コカ・コーラグループが27.6%、サントリー食品インターナショナルが20.5%。08年のリーマンショック前まで日本コカ・コーラがシェア30%を超え独走状態だったが、サントリーが激しく追い上げている。

 業界トップである日本コカ・コーラは、再編の動きに距離を置く。ボトラー(飲料の製造や販売を行う会社)の統廃合で経営の効率化を進めており、最終的にはボトラーを1社にする考えを持っているとされる。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

コカ・コーラに異変、一体何が?緑のコーラ、牛乳参入…業績不振で世界的リストラ断行へのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合