NEW

フジ好視聴率“ガチンコ”番組、「極めて危険」と専門家が指摘 被害者に二次被害の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、別のテレビ局関係者B氏は次のように指摘する。

「『ハンゲキ!』を手がける制作チームは、とにかく刺激的な映像を持ってくるのですが、視聴者からのクレームも非常に多い。あまりのクレームの多さでフジ以外のテレビ局でも、このチームの映像は扱わないと決めている番組があるほどです」

 このほかにも、犯罪の専門家C氏は語る。

「フジ系の『ニュースな晩餐会』内で、このチームが手がけたストーカー事件の映像が放送されていたのですが、犯人が逮捕もされていないのに、加害者と思われる人物が特定できるような内容でした。これは、被害者を非常に危険な状況にさらすことになります」

 確かに、犯罪者である詐欺師やストーカーを追い詰めるという演出は、テレビ番組としては衝撃的で面白いかもしれない。しかし、テレビという公開メディアで本当に犯人を追い詰めた後で、被害者がなんらかの二次被害を被ってしまうような事態はあってはならない。

 前出のA氏も述べるように、弁護士や警察も常に被害者を守り続けてくれるわけではないため、実際の案件が特定できないように配慮しなければ、被害者には常に危険がつきまとうことになるのだ。

『ハンゲキ!』内で弁護士は「弁護士をなめるな!」と叫んでいたが、犯人をなめることがどれだけ危険な行為なのか。フジは同番組の制作をめぐり、十分な配慮が求められているといえよう。
(文=新田 龍/株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト)

新田 龍(にった・りょう):株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト。
早稲田大学卒業後、「ブラック企業ランキング」ワースト企業2社で事業企画、人事戦略、採用コンサルティング、キャリア支援に従事。現在はブラック企業や労働問題に関するコメンテーター、講演、執筆を展開。首都圏各大学でもキャリア正課講座を担当。

フジ好視聴率“ガチンコ”番組、「極めて危険」と専門家が指摘 被害者に二次被害の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ハンゲキ!フジテレビヤラセの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事