ほんの少しの言い方の違いで、印象はガラリと変わり、自ずと成果も変わってくる。それならば、そういったことを意識して、印象でトクする人になった方がいい。実力がいくらあっても、印象が悪ければ次の仕事につながらないということもある。それほど、「印象」の及ぼす影響は大きい。

 実力が評価されていない、仕事がうまくいかない、このように感じている人は、自分が人にどんな印象を与えているのか、普段の言動を振り返ってみた方がいいかもしれない。
(新刊JP編集部)

関連記事

「結婚できない男」の特徴
満員電車に乗るのは“仕事ができない人”?
初対面の人に好印象を持ってもらえるための方法
貧乏学生社長がバリ島で学んだ人生訓とは?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ