【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

hurutachi_140715.jpgテレビ朝日『報道ステーション』HPより

 安倍官邸の圧力によって、古賀茂明氏や恵村順一郎氏を降板させ、長年、番組を支えてきたMチーフプロデューサーを更迭した『報道ステーション』(テレビ朝日系)。だが、テレビ朝日側は一貫して圧力を否定し、「番組のリニューアル」のためだと言いはっている。

 しかし、その「リニューアル」の中身はとんでもないものになりそうだ。

 実は一昨日の4月3日の放映でもその一端が垣間見えた。22時40分過ぎ、CM前に古舘伊知郎が「今後、月に一度こういう企画を、と考えています。まずその第一弾です」と告知したので注目していたところ、CM明けに始まったのは、いきなり夜桜をバックにした女性のバイオリン生演奏。しかも、そこから「Moon River」「上を向いて歩こう」と、2曲を延々6分間もわたって演奏し続けた。

 えっ、これが新企画? この日、生演奏していた女性の名前は末延麻裕子氏。しかし、散発的にテレビには出ているようだが、音楽関係者に聞いても、大物とか注目されているバイオリニストではまったくないらしい。 

『報ステ』はいったいなぜ、こんなバイオリニストの演奏を放映したのだろうか。

 その理由として囁かれているのが、この女性の親族の存在だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ