NEW

東京・丸の内を「人が住む街」に…単なる再開発に終わらない「プロパティマネジメント」の力

【この記事のキーワード】, ,

 プロパティマネジメントで成し遂げた丸の内の成功モデルをもとに、三菱地所プロパティマネジメントでは全国各地で街の再生に取り組みたいとしています。それは「安全・安心・快適・清潔」をモットーに、人が集まるビルを支えているという基本があってこそ、なし得ることだとも岩田さんは言います。

 全編を通して語られる、三菱地所プロパティマネジメント社が全国に展開する事業への想い、一棟一棟のビルにかける想い、そしてプロパティマネジメント業界のリーディングカンパニーとしてこつこつと積み重ねてきたノウハウが、ビルに力を与え、街に輝きを与えているのです。

 2007年に新丸ビル、2009年に三菱一号館が竣工し、第二ステージに入ったとされる丸の内の再開発。その完成形は、既存のどの街とも違う新しい都市の形なのかもしれません。
(新刊JP編集部)

関連記事

日本一安全な土地はどこ?
中華街やみなとみらいだけが横浜じゃない! 辛口の横浜批評
街路の樹木、外国産が多いのはナゼ?
春の醍醐味“公園で読書”のススメ

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら
RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合