NEW
有馬賢治「日本を読み解くマーケティング・パースペクティブ」

セブン圧勝の秘密 卓越したワンマン&柔軟経営 鉄板のマーケを“徹底的に”徹底

解説=有馬賢治/立教大学経営学部教授、構成=A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

セブンは、非価格競争を実現できたことも大きな勝因のひとつといえます。目先の売り上げに目を奪われずに、良質な商品開発を追い求めています。かつてはプライベートブランド(PB)といえば『安かろう悪かろう』というイメージがつきまとったものでしたが、セブンはそれを覆し、ロットの大きさや品質など価格以外のところに価値を置いて競争をできるようにしました。安さだけで勝負すれば、スーパーの特売にはかないませんからね」(同)

 不景気だからと安易な値下げに踏み切らなかったからこそ、売上高だけでなく、数多くの消費者アンケートで「好きなコンビニ」1位を獲得するなど広い支持を得ている。今後も長きにわたって“コンビニ業界の雄”として、セブンは君臨しそうだ。
(解説=有馬賢治/立教大学経営学部教授、構成=A4studio)