フジと飯島氏の関係

 フジと飯島氏の関係悪化は昨年からさまざまなメディアでささやかれている。昨年3月に東京スポーツは、これまで木村拓哉主演の連続ドラマといえばフジかTBSだったが、フジに愛想をつかした飯島氏が木村を19年ぶりにテレビ朝日の特別ドラマ『宮本武蔵』にねじ込んだと報じた。そして今クールの木村は同局の連ドラ『アイムホーム』で主演を務め、今年1月にまたも東スポは、飯島氏が深く関与する『SMAP×SMAP』の制作費をフジが削減し、飯島氏の影響力をそごうとしている動きがあると報じた。それも「週刊文春」(文藝春秋)でジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が、飯島氏は事務所の後継者争いから外れていることを明かした直後というタイミングだった。

 26日の中居の会見では、飯島氏とフジの距離が図らずも露呈した格好となったが、ジャニーズ事務所社長の芽がないことが明らかとなった飯島氏のテレビ業界に対する影響力は、どれほど残っているのだろうか。
(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事