NEW
闘うジャーナリスト・佐々木奎一がゆく! ワーキングクラスの被抑圧者たち 第29回

残酷な犬猫虐待が多発!下半身切り取り、性の対象、頭部に刃物刺す、エアガンで撃ち抜く…

文=佐々木奎一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, , ,

・12年6月1日、横浜市港北区 小学生が下校途中に、猫の首にビニールを巻いたり、スプレーをかけていた。

・12年8月26日、横浜市港北区 深夜、猫が頭にスナック菓子の袋をかぶせられ、その上から首のあたりをヒモで結ばれているのを通行人の男性が発見。その付近で、男女二人組が「猫をさらって三味線にする」と会話していたとの情報もあった。

・12年4月18日、横浜市中区 エサやり場の近くで3匹の猫の死体が発見された。

・12年8月30日、横浜市中区 鋭利なものを頭部に刺された猫と、片目が潰れている猫が発見された。

・12年5月16日、横浜市旭区 野良猫に普段エサをやっていた人物が、集合住宅の自宅で野良猫に出産させたが、その処置に困り、建物の裏に埋めているところを近所の住人に目撃された。動物愛護法に規定する動物の虐待および遺棄に該当するが、逮捕起訴されていない様子。

・14年12月24日、横浜市金沢区 ミニチュアダックスフンド・ロングコートを譲渡された人物が、1カ月間その犬を狭いケージに入れっぱなしにしていた。犬は毛が抜け、横腹にドライバーのようなもので刺された傷が見つかった。さらに同人は、飼い猫2匹にも画鋲を刺したり、洗濯バサミで約20カ所挟み、シッポの付け根を輪ゴムで縛るという虐待をしていたことも判明。

・13年11月25日、横浜市磯子区 飼い犬2匹のうち1匹を床に投げつけて後ろ足を骨折させた。

・12年4月17日、横浜市保土ケ谷区 野外で飼育されているビーグル犬が、小屋の中に積み上がった糞を食べていた。

・12年4月23日、横浜市保土ケ谷区 迷彩服を着た人物が他人の家の敷地内に入りこみ、その家の飼い犬に石を投げたり、犬小屋を倒して犬を閉じ込める事件が発生。ストーカー事件として処理されている。

・12年4月10日、横浜市保土ケ谷区 腹部に大きな傷を負い、血だらけになっている猫や、背中の毛を刈られた猫が見つかる。

・12年6月1日、横浜市南区 下校中の子どもが弱っている猫を発見。消毒殺菌薬として使われるクレゾールが付着していた。子どもとその保護者が動物病院に連れて行ったが、やけどがひどく、後に死亡した。

・13年6月、横浜市港北区 外から帰宅した飼い猫が具合悪そうなので動物病院に連れて行ったが、死んでしまった。自動車用バッテリー液に含まれるエチレングリコール中毒だった。さらに翌日、世話をしていた野良猫が、ぐったりと倒れヨダレを垂らして動けない状態になっていたので病院に連れて行ったが、痙攣を起こして死亡。除草剤などの農薬中毒が疑われるという。

・日付不明、横浜市瀬谷区 マンションの住人が日常的に飼い犬を虐待していた疑いがあり、大きな音と犬の悲鳴が聞こえると近隣住民が通報。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合