【不思議サイトトカナより】

zekka.jpg絶歌』(太田出版)

 神戸連続児童殺傷事件の加害少年、元少年Aが書いた『絶歌』(太田出版)が大論争を巻き起こしている。

 批判されている一番の理由としては、元少年Aと出版社側が、遺族側の許可をとっていないということだろう。おそらく、本の売り上げは、加害少年と出版社の手元に入るとみられている。当然、「殺人を犯しておいて、遺族の気持ちも考えず、商売するのか」という批判が相次いだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ