NEW
連載
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

丸亀製麺、スゴイ期待感の新カフェがイマイチ感満載のワケ 多角化事業の難点と課題

文=大崎孝徳/名城大学経営学部教授
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多角化事業の難しさ

 前述した通り、多角化事業経営資源の有効活用、変わりゆく環境への対応などメリットがあります。しかし、机上で正しそうに見えても、実際にはなかなか難しいものだとあらためて感じた次第です。

 起業の王道に関して、もちろん儲かるか否かは重要な問題ですが、そうした計算より、「自分が好きで好きで仕方がないことを社会に広めたい」といった熱い思いが何より重要であると思います。そうした思いは末端のスタッフ一人ひとりに浸透していくはずです。特にカフェは、経営者の持つこだわりが商品や顧客へのサービスに大きな差を生みます。クローバー珈琲焙煎所は、店舗やメニューの構成などは素晴らしいのですが、個人的に大満足とまでいかなかった理由は、こういう点にあると思います。

 香川県は「うどん県」ということで、滞在中うどん三昧でした。どの店も、うどんに対する愛、こだわり、プロフェッショナリズムにあふれていました。例えば、あるうどん店では、天かすが大きさごとに3つに分けられていました。「さすが本場」「さすがのこだわり」と大変驚いた次第です。

 このようなこだわりが、店の魅力、顧客満足につながっていくのではないでしょうか。
(文=大崎孝徳/名城大学経営学部教授)

関連記事